スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ただ燃えればいいってもんじゃない


マイナーな花火大会でも行って、ゆっくり打ち上げ花火が見たかったのですが

夏風邪で予定が狂い、それは叶わなかった2011年です・・・
ちらっとは、見れたんですけどね。
打ち上げ花火。

花火も、なんで日本の花火てあんなに綺麗で風情があるんでしょうかね・・・!
海外のイベントとかで打ち上げ花火見ても、なんかちょっと違うものに見えます。


ちなみにこの撮影の時の花火は、にーにん家の製品だったようで

火花は美しくないわ!
すぐに燃え尽きるわ!

線香花火に至ってはもう・・・400字詰め原稿用紙に軽く3枚はクレームが書ける(もはや小論文)位に酷かった。
あんなの線香花火じゃない!!(結構マジギレしてました。笑)



私が子供の頃は、手持ち花火て何種類かあっても、昔から見る定番の品だったりしたように思います。

最近は、なんか見た事ない品がぎっちり詰まった花火セットが主流で、昔ながらの花火をあまり見ませんね。

昔ながらの花火を覚えてる方は、最近の花火を使う時によく見てみてほしいです。

昔のと比べると、明らかに劣化してます。


燃焼時間、火花の大きさと美しさ。

全てが微妙に、でも明らかに違う。


あれは花火ではなく、発煙筒ではなかろうか。


発煙筒なんかでは、私が幼い頃花火を見て感じた余韻や儚さはおよそ感じられない。

私は、人生の上で経験した花火が、昔ながらの花火によるものがほとんどなので(大きくなると花火する機会てあまりないよね)、花火独特の風情や儚さを知ってるし、忘れる事はないでしょう。

花火は、美しくて儚いものだと感じてます。

花火は、発煙筒や爆竹とは、全く異質なものです。


が。


発煙筒で育つ今の子供達て、そんな概念持てるのでしょうか・・・???



この撮影を通して、そんな疑問を持って、ちょっと怖くなりました。


結構、由々しき事態と思うのですよね・・・



我々が共有してきた花火への概念が、一定の世代以降違うものになる。

ジェネレーションギャップの一言で片付けてはいけない気がします。



とりあえず、今後は松屋町にでも行って、昔ながらの花火を買うようにしたいと思います。
特に子供達と花火する時は是が非でも日本製の花火を探すよ・・!!!


私は発煙筒がたきたいのではない。




なんていう、花火持論を構築したあの日。





割とあれこれ真面目に考えすぎだとは、自分でも思います。




しかしそれ位に花火(発煙筒)が気に入らなかったんですよ。
スポンサーサイト
プロフィール

きんとき

Author:きんとき
タイトルは西川のアルバム曲から。
みっどないとうぉりあーず!

兵器擬人化と国擬人化をこよなく愛するコスプレイヤー。
とりあえず、上記の2作品とコスプレやらオタク要素にご理解のない方は退出願います!

好きな作品や好きなキャラを全力で!
がモットーです。

迷惑のかからないよう、不快な思いをさせないよう最大限の努力をしているつもりですが、ロケ写真等ご理解頂けないものもあるかもしれませんので、ご注意願います。


一個人の趣味のブログだと、あたたかい目で見守って頂ければ幸いです。

基本的に写真はSNS等へちょいちょい投下してます。
こちらには、それらに投下してない写真とかを載せていきます。

コスプレイヤーズアーカイブ(現在一番稼働させてます)
http://www.cosp.jp/prof.aspx?id=29803

レイヤーズクラウド(雰囲気写真多め)
http://layercloud.net/users/detail/12399
↑個人的に写真求めて徘徊するのはここが一番楽しいです。

CURE(最近めっきり投下してないですが、登録暦長いので昔の写真が多いです)
http://ja.curecos.com/profile/?ch=18031

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
【大日本帝國擬人化海軍深夜隊サイト 】
ご本家!
お友達サイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。